キリスト集会のご案内
TOP日曜礼拝 家庭集会よろこびの集い出版物  


祈り ・ ショートメッセージ


基 礎 的 な 祈 り


愛する主イエス様

私のわがままのために、代わりに罰せられ死なれたことを感謝いたします。

あなたの流された血によって、すべてのあやまちが赦され
忘れられていることも感謝いたします。

あなたを信じますから、死んでからさばかれることがないことも感謝いたします。

あなたを信ずるものは、死んでも生きると約束されていることも感謝いたします。
死ぬことは終わりではありません。あなたと一緒になることです。
私の国籍は天にありますから感謝いたします。

今からのことすべて、あなたにおまかせいたします。
あなたの御名によってお祈りいたします。

アーメン。





試 練 の 時 (あるドイツ婦人の祈り)


あなたの憂いをすべて主にゆだねよ
主はあなたにかわり配慮される

あなたの家族のための憂いを われらの信ずる主にゆだねよ
あなたはいたずらに策を案じ考えるだけだ
しかし、主には行く道と将来が開かれてある

主は心配を嫌うが
あなたがささげる天に向かっての祈りは 喜んで聞き給う
あなたがやっとひとつの策を立てる間に
主は千もの策を持っておられる

何人も勝手気ままに あなたを害することのないように
主はあなたへの恵みのために みんなの心を 小川のように導かれる

主の御手から苦しみも喜びも 安んじて受け ひるんではならない
主はあなたの運命を すぐにも変えられる
しかし、それを悪くするのは あなたの嘆きだ

いたずらにあなたを苦しめるために 苦難が与えられたのではない
信じなさい
まことの生命は 悲しみの日に植えられることを





信 頼 す る と は ・・・


信頼するとは、何も見えなくても、
主は近くにおられる事実を確信することです。

 信頼するとは、何も聞こえなくても、
主は語っておられる事実を経験することです。

 信頼するとは、何も感じられなくても、
主に愛されている事実を味わい知ることです。

 信頼するとは、何もわからなくても、
主は最善をなすお方であり、また、主の導きは完全であると知ることです。

 信頼するとは、真っ暗闇の中にいても、
主の御言葉は真理であり、決して滅びることはないという事実を確信することです。




一 日 の 初 め に あ た っ て ・・・


あなたが、新しい一日を主への恐れをもって始めるなら、人を恐れる気持ちがなくなるでしょう。

 あなたが、困難なことやあなたの周りの問題を持つ人のために祈るなら、何の恐れもなく、 陰りもなく、それらに向かうことができるでしょう。

 今日、あなたが、イエス様の許しのもとにあなた自身を置くなら、あなたや他の人の過ちにも、失望することはないでしょう。

 あなたが、日々の問題を主からのものとして学ぶなら、あなたは冷静に判断することができ、静かにその答えを待つことができるでしょう。

 あなたが、自分の能力を主の贈り物として受け取るなら、あなたの劣等感は次第になくなっていくでしょう。

 あなたが、隣人を主の御手に委ねることができるなら、その人が本当に必要としていることを知ることができるでしょう。

 そうして、あなたの全生涯を主の御手に委ねるなら、あなたの毎日は、主の輝きを反映することでしょう。





ベ ッ ク 宣 教 師 の 祈 り

主イエス様
私は今日、 新たに自分自身をあなたにお捧げいたします。
御手の中にいる器として私をお用いください。
あなた様だけが栄光をお受けになりますように。
私を守ってください。罪を犯さないように。あなたを悲しませないように。
御霊の言うことに対して絶えず聞く耳を持つように。
何かあってもあなたと共に歩みたいのです。
そうでないと全然前進することができないから。
今日こそあなた様が盛んになり、私は衰えるべきです。
私ではなく、栄光があなたの御名にのみ帰してください。
自分のために何も欲しがらないようにお助けください。
すべてのすべてを祈りの課題にする恵みをお与えになってください。
私は自分の悟りに頼ることを恐れ、また心配しています。
この目に見える世界は私にとって魅力の無いものとなり、人に誉められても、
誤解され批判されてもいいという心構えを持つことができるように。
ひたすら心からあなた様だけを喜ばせたいという願いを持つことができるように。
あらゆる悪口を言わないように私を守ってください。
私の話す言葉は人々の励ましとなり、勇気を与えるものになるように。
どうか悩んでいる人々のところに私を導いてください。
あなた様のように罪人の友となれますように。
失われている人々のために憐れみの涙を流す者になり、
あらゆる無関心さから私を解放してください。
与えられているお金も自分勝手に出費せず、あなた様ご自身が導くことができるように。
自分のからだは聖霊の宮であるという事実を絶えず覚え、
この事実こそが自分自身を根本的に変えられますように。
今日は、あなた様の再臨の日となりますように。
あなたの御顔を見、あなたの御前にひれ伏すことを心の奥底から憧れています。
この幸いなる希望によって、私はあらゆる束縛から解放されますように。
もうちょっと、もしかすると今日、私はあなたと一緒になることを待ち望んでいます。
アーメン、主イエスよ、来てください。





『 祈 り 』 − イ エ ス さ ま と の 交 わ り


まず、毎日、主と一人だけでいることの出来る時間を自分で決めなさい。
イエス様との毎日の交わりは、 大切であり、義務そのものです。

 次に、祈る前に、聖書のなかの短い一節を読みなさい。
それによって、主の御臨在が意識されるようになります。
御言葉を通して主が語ってくださるからです。
主の言葉は祈りへと駆り立てます。

 それから、その日あなたに起こったすべての重荷、自分の思い、願い、悩みなどを主に申し上げなさい。
何も隠さなくてもいい、 全部主に申し上げなさい。
意識して主に委ねなさい。

 それから、いかなる事情のもとにおいても、形式的に祈ることを避けなさい。
すべてのことについて、主に語る習慣をつけなさい。
台所で、電車の中で、自転車の上で、至るところで主に呼び求めてください。





祝 福 さ れ る 祈 り 会 を す る に は ・・・


喜び・平安が与えられることを望んで祈り会をもっても
その中にイエスさまがいらっしゃらなければただの集まりとなり、
むなしさだけが残ってしまいます。

祝福される祈り会をするには・・・


家族 ・ 親族の救いを祈る。

各自が、自分の重荷を主に祈り委ねる。

交わり会ではなく、あくまで祈りが中心となる。

お互いに、主の御手の邪魔をしないように。

人に受け入れてもらうことや、慰め合うことを避ける。

各自が、主からの助けのみを求めて、助言をしない。

最初に聖歌を歌い、一つの輪になって一致して(心を合わせて)祈る。

聖書の輪読をしても良い。






神 の み こ こ ろ を 確 か め る 方 法


 みこころを求める時、私は、まず自分の心が全く意思をもたないような状態になることを求める。多くの人にとって、トラブルの十分の九はまさにここにある。主のみこころがどこにあれ、私たちの心がそれに従う備えをするなら、困難の十分の九は克服されているのである。このような状態にあるなら、主のみこころがなんであるかを知る一歩手前にいるのである。



 この後、私はその結果を感情あるいはぼんやりした考えにはゆだねない。もしそうするなら、大きな思い違いをすることになりやすいのである。



 神のみことばである聖書を通して、あるいはみことばと関連して、御霊の御思いを求める。御霊とみことばは結びつけられなければならない。もしみことばなしに御霊のみを見るなら、大きな間違いを犯すことになる。御霊は聖書に従って導くのであって、決して聖書に反してなさることはない。



 次に私は神の導かれる出来事を考慮にいれる。それはみことばと御霊との関連において、神のみこころをはっきりと指し示していることがしばしばある。



 祈りのうちに、神にご自身のみこころを正しく示していただくことを求める。



 このように神への祈り、みことばの学び、黙想を通して、自分の能力と知識を最大限に用いて、慎重な判断に到達する。そして、もし心が平安であり、さらに二、三度嘆願して後もそれが続くなら、その判断に従って行動する。ささいな事柄においても、重要な問題においても、私はこの方法が常に有効であることを知らされているのである。

 

『ジョージ・ミューラーの祈りの秘訣』 より





こ の こ と は わ た し か ら 来 た


 わたしの子よ。あなたは、あなたを苦しめるもの、またわたしを苦しめることを、考えたことがあるか。

 わたしの子よ。もしあなたが周囲にたくさん、試みを持っているならば、それはわたしから来たということを、知ってください。あなたの弱さは、わたしの強さを必要としている。

 わたしの子よ。あなたは、困難とむつかしい環境の中にいますか。それは、わたしから来たのだ。わたしは、環境の主です。あなたの環境やまわりの人々は、彼らのやりたいことを、することができません。彼らは、わたしの心を、行なわなければならない。

 わたしの子よ。あなたは、金銭的な苦しみのうちにありますか。それをきりぬけることは、むつかしいのですか。それも、わたしから来たということを知りなさい。
わたしは、あなたのお金に責任を持っている。ただわたしは、あなたがわたしの方へ来ることを、わたしに頼ることを願っています。わたしの約束が、真理であることを、あなたに証明したい。

 わたしの子よ。あなたは生活の暗闇をいけますか。それは、わたしから出たのです。わたしは苦しみの人として、困難を知っている。あなたがわたしの方へ、来るようになるために、わたしがそれをそうさせたのです。

 わたしの子よ。あなたは自分の友に失望しましたか。それは、わたしから来たのです。わたしが、あなたの最良の友であることを知るために、あなたは友に失望したのです。

 あなたの計画は覆りましたか。あなたは悲観し、疲れましたか。それもわたしから、来たのです。あなたは自分で計画し、そのあとで「祝福してください。」と、祈った。しかしわたしは、自分で計画したい。そうすれば、わたしはその責任をとります。

 あなたは、わたしのために働きたいと願った。しかし、あなたは今、病気だ。それも、わたしから来たのです。あなたが忙しかったとき、わたしはあなたに話すことができなかった。しかしわたしは、わたしの秘密を語りたい。あなたは、わたしのそばにいる祈る人となりなさい。多分あなたは、むつかしい使命を、負わされたかもしれません。それも、わたしから来たのです。あなたは、わたしに頼ってください。

 わたしの子よ。わたしの声を聞きますか。わたしである。それは、わたしから出たのです。しっかりするのだ。わたしである。恐れることはない。







基礎的な祈り

試練の時 (あるドイツ婦人の祈り)

信頼するとは・・・

一日の初めにあたって・・・

ベック宣教師の祈り

『祈り』−イエスさまとの交わり

祝福される祈り会をするには・・・

神のみこころを確かめる方法

このことはわたしから来た